WEB制作で必要な知識

WEBシステム開発におけるJavaScript対応

WEB制作で必要な知識 企業の基幹システムについて、WEBシステムが以前から利用されていましたが、これまでのJavaを中心とした構成から、HTML5を利用した開発スタイルへと最近の流れが変わってきました。これによって、サーバサイドの開発と現場であるクライアントサイドの開発を完全に分離することができるようになり、もっともスピードが求められる現場側の開発効率の向上、そしてシンプルになったことによるサーバサイド側の開発効率の向上が実現できるようになりました。

この新しい開発スタイルにおいて要となるのが、JavaScriptです。必要性が増した分だけ、コーディングの量も圧倒的に増えてくることになります。そのため、実際の開発にあたっては何等かのフレームワークを導入することになるでしょう。現在のところ、数十種類以上ある中からどれかを選択することになるわけですが、その導入によって、処理の系統化が図られ、プログラマの作業効率が飛躍的に高めることができるようになります。

また同時にアプリケーションのメンテナンス性が高められるということについても注目に値するでしょう。このように非常に便利なJavaScriptではありますが、コード量が増える分だけ、セキュリティについても十分な検討が必要になってきます。特に、コードはクライアントから普通に見れるようになってしまうために、ビジネスロジック等も明らかになってしまうことが上げられます。秘密性が高い処理については、ストアドプロシージャとしてデータベースに処理させるなど工夫が必要になってきます。

Copyright (C)2022WEB制作で必要な知識.All rights reserved.