WEB制作で必要な知識

レポート作成で役立ったWEB検索とデジタル資料

WEB制作で必要な知識 以前某大学の一般公開講座を受講した時、レポートを書いて提出する義務がありました。レポートを書く時は、WEBでの検索や国会図書館がWEB上に公開しているデジタル資料が役立ちました。受講していたのは歴史系の講座です。レポートも、与えられた歴史のテーマについて書くというものでした。インターネットがない時代なら、すぐさま地元や大学の図書館などへ行って資料探しをしなくてはなりません。今でももちろんレポートを書く時は、紙媒体の資料を当たることも重要です。しかし最近は、WEBからも資料検索が出来るうえ、WEB上に資料自体が無料公開されている場合があるのです。

私が書かなくてはならないレポートは、近代史のテーマでした。さっそく国会図書館のWEBサイトから閲覧できる、デジタルコレクションを調べてみました。デジタルコレクションには、昔の官報や雑誌などが無料で公開されています。自宅に居ながらにして貴重な資料が閲覧できるので、かなり便利なサービスです。しかし、全ての所蔵資料が公開されている訳ではありません。非公開のものは、WEBから有料コピーサービスを申し込みました。近代史の資料なら、国立公文書館が運営しているアジア歴史資料センターのWEBサイトも役立ちました、こちらも古い公文書が、一部無料公開されています。論文を探す時は、論文検索専用サイトを利用しました。WEB上で閲覧はできませんが、資料探しとしては役立ちました。今はレポートを書くのにも、実際に足を運んで資料を探すのに加え、WEBで調べることが欠かせなくなっています。

Copyright (C)2022WEB制作で必要な知識.All rights reserved.