WEB制作で必要な知識

WEB開発におけるHTML5の活用

WEB制作で必要な知識 WEBシステムを利用した業務システムの開発においては、これまではJava中心の開発が主流として行われてきましたが、最近では、HTML、CSS、JavaScriptを中心にした開発に流れが移りつつあります。HTML5は2014年に、正式勧告されることになり、今後ますますフロントエンドを中心としたアプリケーション開発が進んでいくことになるでしょう。沢山のことがHTMLとCSSで実現できるようになり、フロントエンドアプリを開発するスタイルにも変化が出てくることでしょう。

多くの場合、サーバサイドの環境については、多少の修正に止まり、現場サイドで利用されるアプリ開発のワークフローが大きく変わってくるということになります。従来型のアプリケーション開発では、例えばJSPなどを用いたものを例にすると、データベース、ビジネスロジック、それらの制御と、フロントエンド画面の作成をサーバサイドで行っていましたが、フロントエンドにあたる部分を完全に切り離した形でクライアント側に持っていくことができるようになります。

現場においては、ビジネスのニーズに応じて、頻繁に仕様変更の要望があがってくるもので、従来型の場合、それをサーバサイドで対応しなければなりませんでした。しかしHTML5の場合、それらをクライアント側で完結させることができるというのが最大のメリットでしょう。現場ごとに、必要に応じて、フロントエンドの変更が可能となることによって、スピードが要求される現場にスムーズに対応することができるようになります。

Copyright (C)2022WEB制作で必要な知識.All rights reserved.